スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

板橋区徳丸 北野湯

楽しかった練馬区・板橋区散策。

ゴール後は東武練馬駅から歩いて5分ほどの「北野湯」へ。
ひさびさに・・・印象的な銭湯でした。

東武練馬駅前はけっこうな賑わいなのに、坂を下ったらずいぶん静か。
失礼を承知で言うと、なんだかうら寂れた雰囲気。
練馬と板橋の区境だからかな、とも考えたけれど、調べてみると東武練馬駅はすっかり板橋区だった。
よくわからない。

ともかく、北野湯に到着。

北野湯(板橋区徳丸)外観

東京らしい宮造りの建物ではなく、正面から見ると箱型です。

北野湯(板橋区徳丸)玄関

なんだか雑然とした正面の構え。

北野湯(板橋区徳丸)玄関の円柱

しかし、入口の柱がタイル張りの円柱だったり。
こういうのをレトロモダンというのだろうか。

北野湯(板橋区徳丸)玄関

いわゆる「カフェー建築」の意匠に通ずるものがあるような気もします。

北野湯(板橋区徳丸)表札看板

ともかく中へ。

北野湯(板橋区徳丸)男湯

広い空間でした。
先客は2人(でも1人はすぐ帰ってしまった)。

浴室は広く、天井は高く、大銭湯の風格。
カランから出るお湯はぬるく、なんとか我慢してアタマからかぶった。
しかし風呂の湯はやわらかく、ほどよい熱さで気持ち良い。

壁のペンキ絵はだいぶ傷んでいて、富士山が剥げかかっている。
天井につづく壁も、長い歴史を経てずいぶんとくたびれた様子。

広々とした空間と気持ち良い湯が醸し出す開放感。
いっぽうで、歴史の積み重ねによる「ほころび」が醸し出す寂寥感。
この組合せは、あぁ、「第二香藤湯」のあの感じだ。。

歴史を重ねても丁寧にきれいに使われ続けている銭湯と、単に歴史を重ねているだけという雰囲気の銭湯があります。
北野湯はどちらかというと、(失礼ながら・・)やや後者寄りかなというふうに見えました。

第二香藤湯もそんな銭湯でした。
けっこう気に入って何度か通っていたけれど、今はもうありません。

だからこそ、ここは貴重です。
時代の流れに取り残されたようなくたびれた銭湯が今、急速に淘汰されている気がします。
それでもなお残るこういう銭湯こそ、今だから入っておくべきだと思いました。
来てよかった。

北野湯(板橋区徳丸)マキのアピール

やわらかく心地よいお湯の秘密はこれ。
このような貼り紙が脱衣所から玄関から至るところに掲出されています。
そのほかにも注意事項とか、いろいろ書いてありました。

そういえば、トイレから出たときにも番台の女将さんから「電気消しました?」と声がかかったっけ。

北野湯(板橋区徳丸)玄関

北野湯(板橋区徳丸)横から

もう一度くらい、来る機会があれば良いなぁ。


2016/2/21 板橋区徳丸1丁目

2016年2月21日 練馬区・板橋区散策
練馬区早宮 町名看板
端唄 俗曲 さのさ どどいつ 練馬区早宮
板橋区向原 町名看板
板橋区小茂根 WINE&FOOD オオトミ
板橋区小茂根 町名看板
板橋区小茂根 定食時国
板橋区東新町 上の根橋商店会
板橋区東新町 町名看板
板橋区東新町 宝苑
板橋区東新町 町名看板(板橋区バージョン)
板橋区東新町 富の湯
板橋区徳丸 鈴木ベーカリー
板橋区徳丸 町名看板
板橋区徳丸 北野湯
練馬区北町 喫茶ボタン
板橋区で見かけた看板いろいろ

どちらかクリックお願いします! にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村に参加しています
スポンサーサイト

テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

tag : 銭湯

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きさまのさ
きさまのさ

東京を歩いて歩いて、すてきな風景に出会えたらここで紹介しようとおもいます。

カテゴリ
タグ

町名看板 銭湯 看板建築 レトロ電信柱 レトロな床屋 京島 豆腐屋 お断りプレート スカイツリー 昭和な映画館 仁丹看板 庚申塚 町名看板(仁丹) 庚申塔 ミルクホール 庚申塔・道標 奈良 

コメント
トラックバック
新着
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別
アクセスカウンター
検索
RSS
リンク
ブロとも

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。