スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木挽町 中ぜん

先日ぶらぶら歩いていて、歌舞伎座の前までやってきました。
19時ちょっとすぎ。

3~4年くらい前になりますが、会社帰りにふらり立ち寄って幕見で歌舞伎を楽しんでいる時期がありました。

新しい歌舞伎座ができあがって幕見席も復活したのですが、いまは新装オープンでなんだか盛り上がっているようだし、なにしろ値段がだいぶ高くなってしまったので、まだ一度も行っていません。

この日も新しい歌舞伎座を横目にみながら、ちょっと気になっていた場所を見に行きました。
歌舞伎座のすぐわきにある、「中ぜん」というお店です。

以前に歌舞伎を「たしなんで」いた頃、歌舞伎をみたあと「中ぜん」で一杯やる、というのをやったことがあります。
それほど安いお店ではなかったので足繁く通うことはできなかったのですが(たぶん、3回くらいだと思います)。。

老夫婦が営んでいるお店でした。
お客がいない店のカウンターにひとり座り、大将(おじいさん)に手渡される、その日できるものが書かれた板切れのメニューからひと品ふた品選ぶ。
こぎれいにした女将(おばあさん)がビールを持ってきてくれる。
会話はなくて、テレビの音だけがする店内で静かにビールを飲んでいると、なんだか「大人になったなぁ」という気分がしました。


そんなことを思い出しながら「中ぜん」にやってきました。

でも、そこに「中ぜん」はなかった。。

いっしゅん、気づかずにその場所をとおりすぎてしまいました。
新しいお店が同じ場所にありました。

最近は21時過ぎに何度か通り過ぎることがあって、いつも電気もついていなかったので「早くしまうようになったのかな」くらいに思っていたのですが、なくなってしまっているとは・・・

残念です。

ちょうど入口が開いていて、中の様子が見えました。
重厚な木のカウンターがそのままで使われているのが見えました。
でもなんだかきれいに飾られている雰囲気で、お店の外の雰囲気もにぎやかで明るい感じで、まったく別のお店に生まれ変わっていました。

むかしながらの「木挽町 中ぜん」の面影はもう、そこにはありませんでした。

歌舞伎座(2008年7月)

木挽町 中ぜん 外観

木挽町 中ぜん 看板

木挽町 中ぜん 入口

木挽町 中ぜん 入口

木挽町 中ぜん と、歌舞伎座

中央区銀座4丁目 写真はすべて2008/7/14

ByGoogleMap.jpg
Google StreetView より(2009年12月撮影、とのことです)

どちらかクリックお願いします! にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村に参加しています
スポンサーサイト

テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きさまのさ
きさまのさ

東京を歩いて歩いて、すてきな風景に出会えたらここで紹介しようとおもいます。

カテゴリ
タグ

町名看板 銭湯 看板建築 レトロ電信柱 レトロな床屋 京島 豆腐屋 お断りプレート スカイツリー 昭和な映画館 仁丹看板 庚申塚 町名看板(仁丹) 庚申塔 ミルクホール 庚申塔・道標 奈良 

コメント
トラックバック
新着
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別
アクセスカウンター
検索
RSS
リンク
ブロとも

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。