スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杉並区上荻 町のブリキ屋さん

荻窪駅の西側を通る環状8号線、そのさらに西側。

杉並区上荻に、古い商店街がありました。
いや、正確には「商店街の名残りのような通り」です(汗)

その一角にあった古い建物のお店。

2011_01100190.jpg

看板の文字がほとんど読み取れない。

2011_01100191.jpg

「ブリキ店」と読めました。

でもすでに営業もしていないようですし、文字が
読めなくても事足りてしまうのかもしれません。


杉並区上荻2丁目 2011/1/10

クリックお願いします→にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村に参加しています
スポンサーサイト

テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

tag : 看板建築

コメントの投稿

非公開コメント

グルっぽも宜しくお願いします

アメブログルっぽ「東京の街中に昭和レトロを探そう」の管理人、ニャンゲルハンスと申します。

きさまのささんがグルっぽに入っておることは知っていたのですが、ブログの方を今回改めてしっかりと見させて頂き、非常に内容の濃いそれに、すごいなと思った次第です。

かなりあちこちの場所に行ってらっしゃるんですね。自分が行ってみたいと思っているところも、かなり網羅されていますね。

グルっぽは、画像を投稿できるようになったので、是非情報の方、お寄せ頂けたらと思っております。

この前は日本橋富沢町の路地を散策しました。今週末は、どこに行こうか考えています。

アメブロ以外のお気に入りにも追加しておきました。またこうやってコメントしたいと思っていますので、宜しくお願いします。

ニャンゲルハンスさん

こんにちは!
ご来訪&コメントいただきありがとうございます。

町あるきをはじめるまで自分は、東京は「何もかも新しくて
便利で、そのかわり無機質になってしまった」と思っていました。

でも実際に自分の足で東京をあるき、自分の目で東京の街の
風景を見ているうちに、そうでもないかなーと思うようになりました。

メディアの脚光を浴びないような町うらの路地、
ちょっと寂れてしまった商店街、ごく普通の家並みのなかに
古きよき時代の温かさや不便さがあり、それを楽しむ人々の
暮らしを垣間見ることができるような気がするのです。

いっぽうで、それらはやはり急速に失われつつある。
これは確かです。ついこないだまでそこにあったはずの風景が
あっという間に消えてしまう、ということが頻繁にあります。

辛うじて残っている懐かしい風景を少しでも多く記録して
ことに意味があるような気がして、このブログをしています。

今後とも、どうぞよろしくお願いします。
プロフィール

きさまのさ
きさまのさ

東京を歩いて歩いて、すてきな風景に出会えたらここで紹介しようとおもいます。

カテゴリ
タグ

町名看板 銭湯 看板建築 レトロ電信柱 レトロな床屋 京島 豆腐屋 お断りプレート スカイツリー 昭和な映画館 仁丹看板 庚申塚 町名看板(仁丹) 庚申塔 ミルクホール 庚申塔・道標 奈良 

コメント
トラックバック
新着
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別
アクセスカウンター
検索
RSS
リンク
ブロとも

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。