fc2ブログ

川渡温泉藤島旅館(4)

藤島旅館は食事も素晴らしかった。

川渡温泉藤島旅館 食事

とにかくお客に対してできる限りのおもてなしをしよう、という感じの献立。
ただし、慇懃な女中などはいない。
係の人はただ料理を運び、飲みものを頼めば持ってきてくれる。
それ以上でもそれ以下でもない。
自分はそれで良いと思う。
それが良いと思う。

川渡温泉藤島旅館 食事

なにかお酒を、とお願いしたら、こういうのがありますよ、と持ってきてくれたお酒。
鳴子で作られたお酒とのこと。
もとより味の違いなどわからないけれど、美味しいお酒だった。

川渡温泉藤島旅館 朝食

これが朝食。
取り立ててどうということもないメニューだけれど、じゅうぶんだ。
それと、これはどうしても言っておきたいことだけれど、ご飯は間違いなく美味かった。

川渡温泉藤島旅館 朝食

ヨーグルトに添えられていたスプーンが、やけに気になった。
古い意匠のスプーンだ。
いまどき見ないデザインだと思った。

川渡温泉藤島旅館 朝食

川渡温泉藤島旅館 朝食

STEINLESS STEEL MADE IN JAPAN。


川渡温泉藤島旅館 玄関

川渡温泉藤島旅館 玄関

朝食後、もう一度部屋の風呂に入り、10時前に出発。
チェックアウトをお願いしたら、お母さんに「お勘定こちらです」と請求書を渡された。
支払はインターネット予約時にクレジットカードで済ませていたので、その旨伝えた。
そうしたら、「ああそうですか、じゃあ飲み物代だけね」とあっさり撤回。
確認とかしなくて良いのか、とこちらが心配になってしまうけれど、なにもしない。
「またお越しください」と、送り出していただいた。

建物は古びてしまっているけれど、決して「朽ちていく」という感じはなかった。
かといって変に手を加えているわけでもなく、次々と新しいものを取り入れていく様子もない。
長い歴史で培われ、引き継がれてきたものをそのまま、丁寧に、大切に使い続けている。
綿々とつながれてきたおもてなしの心を、ただひたすら大事にし続けている。
それ以上でもそれ以下でもなく。

そんな印象を受ける宿だった。
そういう宿が、自分はいちばん好きなのだ、とあらためて思った。

良い宿に泊まった。


【川渡温泉藤島旅館のおもいで】
川渡温泉藤島旅館(1)
川渡温泉藤島旅館(2)
川渡温泉藤島旅館(3)
川渡温泉藤島旅館(4)
川渡温泉の朝

2022/4/30 宮城県大崎市鳴子温泉川渡
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カレンダー

09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アクセスカウンター

検索

QRコード

QRコード